« ウミネコのおでかけ | トップページ | Arts Towada + 十和田市現代美術館-1 »

2011年6月23日 (木)

郷土料理

林檎の里では、普段は食べられない郷土料理をたくさん食べてきました。


この日はに林檎の里に住む18年来の地元の親友、Yとおでかけです。
途中、道の駅「三戸」に立ち寄り、遅めのランチをしました。

Imag0017
注文したものができるまで、サービスのよもぎ茶と自家製漬物をいただいて待つことにしました。

とてもおいしい漬物です。
たわいもない話をしているうちに、注文したものができてきました。


Imag0018
「すいとん」ですが、林檎の里では「ひっつみ」とよばれています。人参や椎茸などで出汁をとったやさしい味でした。


Imag0019
小麦粉を練って作る「みそもち」です。各家庭によって違うかもしれませんが、我が家は子供のころよく母が作ってくれました。

大満足し、Yお勧めの南部せんべい店へ移動。


連れて行かれたお店は、三戸の小山田せんべい店でした。
三戸町は95歳になる祖母の故郷なのですが、なんとお店へ伺ってビックリ!!
子供のころお店で遊んだ記憶がありました。
とても懐かしい気分になりました。


Imag0020
小山田せんべい店は今も店先で煎餅を焼いています。


一般的に流通している南部煎餅のほかに、写真を撮り損ねたのですが、焼きたての「てんぽ」とよばれるお煎餅を買ってたべました。

素朴な味ですが、やわらかくてモチモチして、とてもおいしかったです。


もし、近くまで立ち寄ることがあれば、ぜひ「てんぽ」をご賞味下さい。
Y、楽しかったね、どうもありがとう!!

林檎apple


|

« ウミネコのおでかけ | トップページ | Arts Towada + 十和田市現代美術館-1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウミネコのおでかけ | トップページ | Arts Towada + 十和田市現代美術館-1 »