« 白と茶色のお友達 | トップページ | にこ、その後の経過 »

2011年8月10日 (水)

にこが入院しました

昨日にこが入院してしまいました。

昨日昼頃、具合悪そうな表情でブルブル震えていました。
心配になりブリーダーさんに相談したところ、犬は風邪を引かず、震えるのは緊張だったり腹痛の時だとのこと。
様子を見てよくならないようなら病院へということになりました。

お水も大好きなおやつも一切口にしませんでした。
確実に緊張ではなく具合が悪そうなので、いても立ってもいられなくなり、ブリーダーさんのところへ行くことに。
到着するまでに元気になったらドッグラン遊んで帰ってくればいいと思い、出かける準備を始めました。

にこは相変わらず具合が悪そうにして震えていました。

一通り準備を終え、車内が冷えるまで自宅でにこを抱いていたところ、突然激しい嘔吐をしました。
林檎の右肩とクッションにかかったところで、とにかく拭くものを取りに行こうとニコを床に降ろしましたが、吐き続け、失禁し、ついに倒れてしまいました。慌ててにこのところへ駆け寄り、意識があるか、呼吸しているかを確認。
私もパニックになり、何をしたらいいかわからず、とりあえず口を開けさせ吐物が口に詰まらないように注意しながら、声をかけ体をさすりました。
すると意識も呼吸もあり、間もなくなんとか自力で立ち上がりました。

すぐブリーダーさんへ連絡。
病院へ急行することにしました。

ずっと探しているのですが、近所にはかかりつけの動物病院がまだ見つかっておらず、意識もあるので、ブリーダーさんの近くにある、ボストンの診療の経験豊富な動物病院へ行くことにしました。

蜜柑も仕事を早退して病院で合流することに。

いつものドライブボックスを後部座席から助手席にセットし直して出発。
いつもはボックスの中で寝ているのですが、気持ち悪くて横になることもできないのか、林檎の方をむいてずっと座っていました。
池尻付近から首都高が大渋滞。
気持ちばかり焦りますがどうすることもできません。

そして六本木付近で2回目の嘔吐をしました。
すでに胃の中には何も入っていないので、胃液を少し吐いてまた倒れる。
意識と気道を確認。
大丈夫なようで、しばらくするとまた座り直しました。

ナビを無視して空いているいつもとは違う道へ。
遠回りでしたが、何とか大渋滞を逃れ南関東道へ。

浦安をすぎたところで、3回目の嘔吐をしました。
状況は2回目と同じでした。

にこは一応意識はあるものの、目がうつろ。
かなり辛そうです。

とりあえず走り続け、出口のIC付近まで到着。
すると、また出口が渋滞。
10分ほど渋滞が続きましたが、やっと抜けることができました。

程なくしてやっと病院に到着。
出発してから2時間かかりました。

蜜柑は10分程前に到着していました。
蜜柑の顔を見たにこの顔つきが少し元気になりました。

ブリーダーさんが事前に病院へ連絡してくれていて、他の患者さんもいなかったのですぐに診察してもらえました。

まずは聴診器で診察、異常なし。
触診、偽妊娠と乳腺炎。
でもこれは、嘔吐とは無関係。
血液検査、嘔吐の影響で電解質成分が不足するも、とくに他の異常はなし。
ブリーダーさんも様子を見にきて下さいました。
ブリーダーさんのお顔を見たにこの顔つきがまたすこし元気になりました。

昨日の段階では嘔吐の不明ですが、とりあえず急性胃炎と乳腺炎治療のため入院となりました。
経過が良ければ週末には退院できるかもしれませんが、回復がみられないようなら小腸に異物が詰まっている可能性があるので、内視鏡がある病院で再検査が必要になります。
にこが少しでも早く元気になりますように。

内視鏡検査や開腹手術の医療ミスで愛犬を失っている方の話を聞くので、なかなか係りつけの病院を見つけられずにいますが、こういう不測の事態に備えて近くの病院を探さなくては。

にこがいない生活はやっぱり寂しいです。

林檎apple

|

« 白と茶色のお友達 | トップページ | にこ、その後の経過 »

ボストンテリア」カテゴリの記事

コメント

びっくりしました。
にこちゃんどうしたんでしょう
心配ですが病院でしっかり調べてもらって
原因がわかれば良いですね

にこママさんもにこパパさんもさぞご心配でしょうね
しっかりねぇ~
大丈夫!大丈夫!

にこちゃんが一日でも早く退院できますように

投稿: neomama | 2011年8月10日 (水) 17時56分

「入院」という言葉がタイトルに入っててでびっくりしました
一体どうしたというのでしょう?何か異物を誤飲したのかしら?
吐いて倒れるなんて私なら一人で大パニックになっていたかも
林檎さんはしっかりと対処していて感心しました
ワンコも人間のように乳腺炎になるんですね
そういえばルナも今までの犬生で2度吐いて食欲をなくして病院に行ったことがあります
でもすぐに元気になりました
にこちゃんも早く元気になってほしいです
内視鏡や開腹手術は麻酔しなくちゃいけないし医療ミスとか恐いですよね
ちなみにルナはボールを誤飲して内視鏡をのんだことあります
内視鏡ではボールが取り出せず開腹手術で摘出したんです
にこちゃんは週末まてせ入院して回復してほしいです

投稿: えみち刑事(ルナ母) | 2011年8月10日 (水) 17時57分

今朝、9時に病院にTELして様子を聞きました。
病院のご飯は「あたち、こんなのいや。」とわがままを言ったそうなので、鶏肉湯がいて、お届けしておきました。

大したことなくてよかったです。

投稿: おばさん | 2011年8月11日 (木) 12時21分

>neomamaさん
ご心配してくださり有り難うございます。
いや〜〜〜、ホントにびっくりしました!!
失禁して倒れたときは、死ぬんじゃないかと思いました。
蜜柑も会社を出て飛び乗った電車の進行方向が逆だったそうです。
相当パニクっていたようです。
帰宅して、2人で1時間くらいかけて、汚物の掃除や洗濯をしました。
にこの存在の大きさを改めて実感しています。

>えみち刑事(ルナ母)さん
驚かせてしまってすみません。そしてありがとうございます。
全然しっかり対処できてなかったですよ^^;
むっちゃパニックでした。
にこが立ち上がった後も何をすればいいかわからず、少しの間、汚物を拭いていました。
でも、すぐに運転していたら事故していたかもしれないので、自分のクールダウンのためにも良かったのかもしれません。
自分で言うのもなんですが、首都高の運転はあまり慣れていないのに、あの状況でよく運転していったと思います。
ルナ君も嘔吐で病院に行ってるんですね。
ボールなんかの誤飲も恐いですよね〜。
でも、開腹手術が成功して元気になってよかったですね。
人間も動物も元気に限りますね。

>おばさん
何から何までお世話になり恐縮です(我がまま娘ですみません)。
有り難うございます。
退院できてもできなくても、とにかく予定通り人間はそちらへ伺います。

投稿: 林檎 | 2011年8月11日 (木) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白と茶色のお友達 | トップページ | にこ、その後の経過 »