心と体

2011年6月11日 (土)

顎関節症

林檎は2週間ほど前から物をかんだりすると、時折顎が「コキコキ」 いうようになりました。
「人生初の顎関節症?顎が外れてしまうのでは?」とむっちゃ心配になり顎関節症を専門にしている歯科に診療へ。

かなり、ヘビーな気持ちで診察に臨んだのですが。。。。。

歯科医師曰く
「顎関節症で顎が外れることはありません。顎関節症はむしろ口が開かなくなるんです。」
「一般的にはまず、20歳前後ではじめて発症し、30代と40代で1回ずつ発症するんです。この年で初めて発症するなんて珍しいです。」

口を開けるよう言われ、口をあけると。。。
「それだけあけば十分です。精密検査のは必要ありません。もっと悪化したら再来院て下さい」と。

え!?!?Σ(゚д゚;)
ほんといいの?
大丈夫なん?

やさいい歯科衛生士さんから、「顎の体操」の指導を受け診察は終わりました。
でも、なんか耳の下も風船を膨らませたあとのように痛いんですが。。。

とにかく、ビビらず口やあごを動かすようにします。

ちなみに、以下の行動が顎関節に悪影響を与えるそうです。
・頬に手を当ててねる
・頬杖
・うつぶせ寝
・よこ寝
・唇の巻き込み
・顎で頭を支えての読書
・ふだんからのくいしばりの癖

普段口を閉じてる状態のときは、奥歯がくっついてるのは良くないそうです。


P1010852
歯科医院から頂いた、顎関節症の資料です。ニコに襲われ無残な姿になりました。。。


とりあえず、整骨院で腰痛の治療と並行して、顎関節症の治療を行うことにしました。

林檎apple

| | コメント (2)