旅行・地域

2011年9月18日 (日)

蜜柑の里へ

蜜柑の里へ
蜜柑の里へ帰ってきました。
1週間の滞在です。

林檎apple


| | コメント (0)

2011年8月 3日 (水)

十和田湖

十和田湖に行ってきました。

十和田湖は、地元にいる私の周辺には紅葉の時期より新緑の季節が一番という人が多いです。
新緑ではないですが、木々の緑と、空と水の青がとても綺麗でした。

名物の「ヒメマス料理」を堪能した後、少し散策することにしました。


Imag0131
休屋という地区から湖畔にある高村光太郎作の「乙女の像」に行くことができます。


Imag0132

Imag0133
十和田神社に向かうの遊歩道に10近い岩の割れ目があり、「風ノ神」「火ノ神」など各々に名前がつけられ、祀られていました。


Imag0141
十和田神社に参拝した後、乙女の像を見に行きました。最後に見に来たのはいつだろう・・・25年ぶりくらいか!?


休屋を後にし、十和田湖周辺にある猿倉温泉へ。
子ノ口から北上し、冬季閉鎖の道を通って行くことにしました。


Imag0143_2
始めて通った道でしたが、山頂近くですばらしい景色を見ることができました。


Imag0145

Imag0147

さらに進むと、素晴らしいブナ林道が広がっていました。


休屋より40~50分ほどで、奥地にある源泉かけ流しの猿倉温泉に到着。
決して大きくはないですが、いいお湯でした。

自然や温泉が身近にある環境から離れて、初めて自然が身近にある素晴らしさに気づきます。


なお、猿倉温泉は冬季閉鎖だそうなので、お出かけの際は営業日の事前確認をおススメします。

林檎apple

| | コメント (2)

2011年7月27日 (水)

レジーナの森-2

レジーナの森の続きです。


08imag0120
なぜか、部屋のトップライトからの光の下に。。。
まるであしたの○ョーのラストシーンみたいで縁起悪いんだけど。。。


09imag0121
天井面のトップライト。


そして、時間が経過し光り床が動くと。。。


10imag0123
なぜかにこも移動。かなりお疲れのご様子だったので毛布をかけてあげました。
それにしても目つき悪すぎ。


11dsc04308
3日目。みたびドッグウォークへ。またもやすごい顔。耳がおかしなことになってます。


12dsc04343
最後は犬用の天然温泉で一っ風呂。とっても気持ち良さそうでした。


13imag0126
そして、帰りの車内。『もうむりでしゅ。』疲労困憊のご様子。
またもやのび太君になりましたzzzzz。


14dsc04344_2
首都高から見えた夕暮れの空がとてもきれいでした。

平日だったこともありお友達が少なかったのですが、連日夜遅くの散歩が続いていたニコはとても楽しそうで、蜜柑と林檎も大満足でした。

林檎apple

| | コメント (0)

2011年7月26日 (火)

レジーナの森-1

少し前の話になりますが、ランちゃんがくる前に、今年のGWに続き福島県の羽鳥湖高原にある「レジーナの森」に行ってきました。

01dsc04156
レジーナの森は、にこが大好きな場所の1つです。


旅先の天気予報は曇り時々雨。道中も小雨が降っていて心配しましたが、まずは施設内の「moricafe」でティータイムをしていると、雨があがり、なんとその日に東北地方の梅雨明け宣言!!

なんという晴女ぶりだろうと、雨男と雨女は感動しきり。


02dsc04145
チェックインを済ませ、早速ノーリード散歩ができるドッグウォークに出かけました。

にこはちゃんとドッグウォークの入り口を憶えていました。


03dsc04294
ズンズン進んで蜜柑と林檎の姿が見えなくなったことに気づき、急に不安になり猛烈ダッシュで戻ってくる。この繰り返しです(すごい顔です)。


04dsc04160
ひと遊びしてヒートアップしたしたため、クールダウンのために沢へドボン。

ここでの遊びに備えてライフジャケットを準備しましたが、意外と浅かったので出番がありませんでした。

05dsc04186
2日目。今度は「湖畔のドッグラン」でひとっ走り。


06dsc04311_2
「ドッグウォーク」で飛んでみる。


07dsc04286
別の沢へ行ってみましたが、ここは水が冷たかったようで嫌がる。

続きは後日

林檎apple

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

種差海岸

にこにはお留守番をしてもらい、林檎の里にある種際海岸沿いをドライブしました。

Imag0061
まずは、ウミネコの繁殖地である蕪島付近へ。ウミネコがたくさんいました。


Imag0062
東日本大震災の影響でトイレか何かの小屋が倒壊していました。心が痛みます。


濃霧の中、天然芝生地や葦毛崎展望台(あしげざきてんぼうだい)に立ち寄った後、高見展望台に行きました。
駐車場もなく、入口も小さいので展望台があるなんて知りませんでした。

Imag0069
高見展望台についた頃、やっと霧が薄くなってきました。展望台へ道中からはこんな景色が広がっています。

Imag0070
展望台への道中。

Imag0071
展望台へ到着。テーブルトップには地図が。

あいにくの天気でしたが、楽しいドライブでしたcardash

林檎apple

| | コメント (0)